作成者:biuro 作成日:水, 04/24/2019 - 16:09

 

 ポーランド日本人会

  会員 各位 

 

  少し暖かい気候となり、樹木には青葉が見られ、春の気配が感じられるこの頃ですが、会員の皆様には

 ご健勝の事と存じます。

  このたび、本年度の一回目の講演会を以下に開催することになりました。

 若手研究者で、体制転換後のポスト共産主義のワルシャワを中心として、中東欧金融経済・金融都市網を専門とする方のお話を伺う機会を企画しました。EUや東欧、バルト三国との関係で日常に関わる経済のお話が分かりやすく伺えます。現在、ポーランドはEUとの関係が・・・。

  会員の皆様にご案内を致します。

                   ポーランド日本人会副会長  野崎勉

 

  ポーランド日本人会主催

 

  講演会

  題:

    「外国」研究と「海外」研究 ― ポーランド研究を日本人がイギリスですること

  

  講師 橋本 知幸 氏.  リトアニアISM経営経済大学、経営学助教授。

     ワルシャワのVISTULA,ヴィストゥラ大学国際関係学・経済学・報道学講師

     氏略歴: ボストン大学国際関係学部卒。ロンドン経済大学比較政治学修士

         オックスフオード大学金融地理学博士課程に所属。

  日時  2019年4月27日(土) 15:00-16:30

  場所 ワルシャワのヴィストゥラ(VISTULA)大学、2階 129教室

     ul.Stoklosy 3. tel/ 22-45-72-300

     地下鉄 stoklosy(ストックウオスイ)駅の後ろ出口、右側東への外で入り口から北東へ100m.

          ウルシヌフ駅の次の駅。

  入場無料

    時間  15:00-16:30

            講演会後、希望者にて大学キャンパス近郊のレストラン、Balkanski Kociol(バルカンの鍋)

      で懇親会。

 

     問い合わせ先  事務局 及び 野崎まで

 

  

 

 

Event date: 
土曜日, 4月 27, 2019 -
15:00 to 16:30